龍造寺四天王の其其の最期の事

 

さて今回は五人そろって四天王でおなじみ、龍造寺四天王の各々の最期について明記していきましょう。

【龍造寺四天王の筆頭・成松信雄】

沖田畷の戦いでは主君・隆信の討ち死にを知ると、名乗りを上げ敵陣に切り込んで討ち死にしたと言われる。

【百人にも勝る武・百武賢兼】

龍造寺家中で武勇に優れる四人「両弾二島」の一人にも数えられる。沖田畷の戦いでは主君・隆信を守り、勇戦の果てに討死。

【鍋島家より直参・江里口信常】

沖田畷で主君・隆信が死ぬと、味方の死体から首を切り取って単身島津家の本陣へ潜入し、島津家久の太腿に刀傷を刻むも討ち取られた
家久には「無双の剛の者」と称され、一族の者がいれば召し抱えたいとまで言わしめた。

【名門千葉氏の出・円城寺信胤】

沖田畷で自陣が崩れると、龍造寺隆信を名乗り影武者となって隆信を逃がそうと奮戦。その後討死。

【遥々京か来た・木下昌直】

隆信の戦死を知り、山の手を攻めていた隆信の嫡男・政家、隆信の義弟・直茂の軍の殿を務めた。その際に討死したとも言われるし、逃げ延びたとも言われており生死が定かではない。

 

見ればわかるように、その全てが壮絶な討死をしています。龍造寺隆信は最期の非道さが目立ちますが、このように主の為に奮戦する部下がいたという事は、やはり優れていた大名だったという事なのでしょう。特に歴史上の人物は、ある一面だけ見て評価を下さないように注意したいものです。

 

 

 

龍造寺「四」天王

さて龍造寺家は衰退していきますが・・・前回の記事を見て違和感を覚えた方はいるでしょうか?

今回は龍造寺四天王の五人について少し説明をしましょう。この歴史ファンの中では常識とも言われている龍造寺四天王の五人は、以下の人物となっています。

成松信勝 江里口信常 百武賢兼 円城寺信胤 木下昌直

「五人そろって我らが龍造寺四天王!」パーン!

えー何度見ても五人ですが、これにはちゃんと理由があります。

龍造寺四天王は、おそらく公では日本最古に四天王と呼ばれた人物達です。ですがこの五人、史料によって人物が違うのです。そのため、最終的に龍造寺四天王は五人、となったのであります。因みに史料によって違うのは円城寺信胤と木下昌直の二人で、もしかしたらこの二人の内どちらかが補欠という事も・・・他の三人は四天王として確立しています。

因みに五人に共通する項目としては全員が武勇に優れており、主君龍造寺隆信が討ち取られた沖田畷の戦いにおいて全員が壮絶な討死を遂げています。(但し木下昌直のみ討死説のほかに生存説がある)

この五人の壮絶なる最後はまた別でご説明しましょう。しかし何度見ても四天王なのに五人って不思議ですよね。

やっぱり四天王と言ったら六人が定番ですものね!