あにうえとおぎいまる

さて長かった鬼武蔵のお話も前回で終わり、そろそろ新しい話に移りますがその前に一つ小話を。

徳川家康は秀吉との和睦の際に人質として息子・於義丸(於義伊丸)を養子に出します。この於義丸は秀吉の養子になり、成長して秀康と名乗った後結城家にまた養子に出され結城秀康の名で知られる人物となります。

さて彼、結城秀康にも色々な逸話がありますが、有名なのは彼の出生についての逸話です。彼は可哀想な事に父親、家康に認知して貰えずにいました。理由は諸事情あるのですが、そんな彼を可哀想に思った兄の信康は家康を自らの城に呼んで於義丸と対面させて、逃げようとする家康の裾を抑えて半ば無理矢理に父親と認知させたと言われています。

元々於義丸という名前も兄である信康がつけたとも言われているので、於義丸にとって信康は兄であり父親代わりの人物だったのかもしれませんね。ですがその信康は織田家が甲斐武田家との戦いの際に、信康の母親築山殿と共に武田家との内通を疑われ切腹に追い込まれています。事実、この内通は本当だったかは分かっていません。

その後、二度も養子に出された揚句に、比較的早くこの世を去った結城秀康ですが、彼は今生をどう思っていたのでしょうか。幸いな事に彼自身は徳川の跡目を継いだ腹違いの弟・秀忠との兄弟仲は比較的良好だったようなのが、せめてもの救いであったと思われますね。