十万石の首

今回は小牧長久手の戦いでとある活躍をした徳川の武将、榊原康政のお話です。

榊原康政は小牧・長久手の戦いの際に戦場のあちこちにとある文章を書いた立て看板を設置して回った。ここにはとても達筆でこう書かれていた。

「それ羽柴筑前は野人の子。馬前の従卒。君恩忘れた悪逆の徒なり」

織田信長の子である織田信雄と戦う秀吉、主家である織田家を乗っ取った事を誹っての言葉である。だがこんな悪口を達筆で書かれた日には秀吉は大激怒した。激怒した秀吉は将を集めこう言い渡した。

「榊原康政の首を上げた者に十万石を与える!」

こうして榊原康政の首には十万石の値段がついたのである。かなりのお値段である。

因みにその後、徳川と羽柴は講和を結ぶ事になって小牧長久手の戦いは終結する。その際に家康のとりなしもあって、康政は秀吉に許される事になった。そして秀吉に勧められて館林城主になる事になる。

この館林城主となった康政の石高は十万石であった。

達筆で悪口を書きまくり、その悪口を言った相手のおかげで見事十万石を手に入れる事になった康政のお話。正に芸が身を助けたというか、世の中何がどうなって幸運が舞い込んでくるかは分からない、というお話です。でも皆さんは人の悪口を書くのはやめましょうね。事実でも罪に問われちゃいますからね。