名人久太郎、蹴散らす

さて家康の居城岡崎城に奇襲をかけようと進む羽柴秀次が率いる羽柴勢。その総大将である秀次が徳川軍に奇襲を受けて壊滅してしまったのが前回までのお話です。

その秀次のお目付として秀次より前を進んでいたのが、堀秀政こと名人久太郎その人である。そんな彼の元に秀次勢の敗戦が届いてきた。如何に名人久太郎といえどもこれにはびっくりしただろう。ぜひして欲しい。

ともあれ秀政、これを聞いて直ちに軍を動かす。後方からやってくる徳川軍へ向かって引き返すと、鮮やかな手並みで散り散りになった秀次軍の敗残兵を自らの部隊に組み込んだ。そして桧ケ根にて陣を敷き、迫りくる徳川軍を待ちうける構えである。キャー名人久太郎カッコイー

さてそこに襲いかかるは徳川の精鋭達である。彼らは既に先ほど大将である羽柴秀次隊を破った猛者達であり、その勢いは乗りに乗っていた。その士気たるや「名人久太郎が如何ほどのものぞ!」とかだったに違いない。その勢いのまま秀政隊に攻めかかる!

だが流石は名人久太郎。彼は見事攻め寄せる徳川の部隊を打ち破った。戦名人の名は伊達ではなかった。そりゃ伊達さんとは違うよね、なんて言わない。ともあれこの戦は後世で、桧ケ根の戦いと呼ばれたのである。

 

振り返れば今回ほど要らん注釈はなかったですね。悪気はないし反省もしているが後悔はちょっとしかしていない。

 


2014年3月7日 名人久太郎、蹴散らす はコメントを受け付けていません。 新着