塩治輿久の乱

父親相手に戦を起こした興久。彼はまず以前より親交を深めていた出雲の反尼子勢力の三沢氏や多賀氏、また出雲大社・鰐淵寺・真木氏・妻の実家である備後山内氏・但馬山名氏などという錚々たるメンバーを揃えます。この反乱の陰には輿久が大内氏と友好な関係を築いていたからとする見方もありますが、そうすると全てが父である経久が誂えた状況となり、中々物悲しいものを感じさせますね。

さて自らの勢力の大半が輿久についた事で、謀聖と呼ばれた尼子経久も窮地に追い込まれます。が、それは意外な形で結末を迎えます。

興久は大内氏の新たな当主・大内義隆に支援を求めましたが何を考えてるのか義隆は劣勢の経久に支援を寄越します。これにより状況は一変。輿久は徐々に押されていき、最終的には妻の実家である備後山内家へ逃亡。そこで勢力の回復を図ります。

しかしそれは上手くいかず、最後は自刃してその最期を迎えます。その遺領は息子である清久が継ぐ事を許されるも、大半は叔父である国久の管理下に置かれました。その後経久は尼子宗本家の勢力を強くしていこうとするのですが・・・それが再び、いらぬ家庭内の一族の不和を呼ぶ事になるとは、この時はまだ予期できない状況なのでした。