嫡男の死亡は御家壊滅フラグ・3

尼子政久、享年31歳。将来を期待されていた謀聖の嫡男はその見事であった笛の音が原因でこの世を去る事になりました。政久に絶大な期待を寄せていた父・経久は当然のことながら激しく怒り狂いました。そして次男国久を呼び、磨石城を「必ず」落とすようにと告げました。

国久は決死の思いで磨石城を落としました。最終的に国久の猛攻に耐えられず、磨石城は降伏する事になりました。しかし城兵が降伏しても、経久の怒りは収まらなかったのです。

経久は降伏をした兵の一人も許す事無く、皆殺しにしました。一説には降伏する事を許さず虐殺したともあります。優秀なだけに、期待していただけに、その息子を失った父の怒りは大きかったのでしょう。その後、経久は政久の血筋が絶える事を悲しんでまだ幼い政久の次男である(長男は夭折)尼子詮久を後継としました。これが後の尼子晴久となります。

しかしこの件は後々に禍根を残す事になったとも言われています。特に晴久の叔父である国久はこの件が原因となり、後に甥の晴久との確執に繋がっていった、とも・・・。そんなに兄が可愛いか、とも言いたくなりますからね・・・。

この嫡男早死には四国の長宗我部家にも繋がるものがありますね。長宗我部元親もまた、嫡男信親を早くに亡くした事で乱心し、お家衰退壊滅フラグを立てる事になりました。出来の良い嫡男には期待しますが、失った時の喪失感も半端ないという見本の一つでした。