家康の分断策

さて、小牧・長久手の戦いの内の見せ場でもある家康による羽柴秀次軍の奇襲が行われました。これによりこの隊の総大将である秀次陣は壊滅し、ほうほうの体で逃げだすまでに至っています。そして勢いに乗って徳川勢は堀秀政隊と戦うも、此方は名人久太郎と呼ばれた戦名人が相手。これには徳川陣は敗北してしまいます。

これを見た家康、自分は隊を率いて長久手の地を見渡す事の出来る色金山に陣を構えます。そして秀政の後方の御旗山と呼ばれる高所へと進軍して、秀政の軍と池田恒興・森長可が率いる軍勢の間を分断する作戦に出ました。無理に敵に当たらず、策を用いて敵を分断する作戦に出るとは家康も流石、後に天下人となる器量の持ち主です。

ここで秀政は家康の馬印を見て、戦況の不利を悟って兵を引き上げたとされています。引き際もわきまえている所が戦上手たる所以ですが、この事を後に批判した文章が残っているのもまた事実です。その件は前回にもご紹介しましたね。

さて、これでピンチに陥ったのはこの家康の隊により後続と分断され、背後から攻撃を受ける池田恒興・森長可部隊です。この二人実は長吉の妻が恒興の娘なので、婿舅関係に当たります。ここで窮地に立たされた婿舅、二人はどうなってしまうのか。

話は次回へと続きます。