家康の参戦・池田恒興の離反

さて、今回は前回の続きである小牧・長久手(長湫)の戦いのお話です。秀吉に織田家の実権を握られた信長の二男・織田信雄が徳川家康をほぼ巻き込んだ形で挙兵しました。この戦、その名の通り前半は小牧、小牧山周辺での戦が主となっています。

さて信雄の挙兵に合わせて家康も挙兵、清州城に兵を集めて自分も向かいます。が、この日驚愕の事件が起こります。何と織田氏譜代の家臣であり、信長とは乳兄弟に当たる池田恒興が羽柴軍に寝返って犬山城を占拠しました。誰しも恒興は信雄・家康側につくと思われていたのでこれには皆が仰天した事でしょう。ですが恒興の娘婿である森長可が秀吉側についていたので、何かしら理由があったのかもしれません。

家康はこれに対抗するため、翌日には小牧山城に駆けつけます。前述した森長可が小牧山城を狙っていたからです。これには家康側の酒井忠次、榊原康政らが夜襲で対抗し、長可は停滞攻撃を受け敗走。小牧山は家康が奪取する事に成功しました。その後、両軍は膠着状態になります。

今回名前が出てきた信長の乳兄弟池田恒興はのみならず、森乱丸の兄である森長可は戦国史好きなら誰でも知っているスーパー武将。色々な恐ろしい凄い逸話を持つ人物ですが、それについてはまた別で紹介しましょう。正直語りつくせるような人間ではないので…

では、次回でまた。