家康・秀吉の直接対決

小牧・長久手の戦いと言えば徳川家康、羽柴秀吉の戦いだという事は皆さん結構ご存知の話ですね。ですがこの戦いでは、実際には家康と秀吉は直接対決はしていません。

森、池田隊の壊滅により勢い付く徳川に対して、ある意味ちょっとホッとしてしまった羽柴方。二つの軍の敗戦より少し前に秀吉は小牧山城へ攻撃を仕掛けますが、これは敗退。武力偵察の攻撃だったのか、秀吉は早めに陣を引きます。その後知らされた白山林の戦いの敗戦の報告により、秀吉は戦場近くの竜泉寺にて急行。ですがこの動きを僅かな手勢の身で徳川の勇将・本田忠勝が妨害しています。

その後、家康が小幡城にいるとの報告を受けて翌日に小幡城を攻撃するも、実は夜の間に家康は清州城に撤退していました。暫く経ってこの報告を聞き、秀吉もまた大阪城に帰還しています。このように軍の小競り合いこそあれど、実際に家康と秀吉は対峙していなかったんですね。川中島の戦いでも有名な武田信玄、上杉謙信も実際に手合わせした事は一度きりだったと言われています。これは大将同士の直接対決ですが、家康と秀吉の場合は完全にお互いの軍を率いて対峙した事はなかったんですね。

さて長く続いた小牧・長久手の戦い。これは意外な結末を迎えます。