尼子晴久という人物

さて、期待大の嫡男尼子政久は早世し、尼子経久の後を継いだのはその政久の子供である尼子晴久です。この晴久は近年に至るまでは無能で傍若無人な人物として長らくその評価を貶められてきましたが、これらは毛利側の記述によるもの。歴史は勝者が作るものです。

そもそもとして晴久が後を継いだ時には、大内氏との関係は悪化しているだけでなく、尼子家内部での新宮党という存在による一族間の不和、敵対者として毛利元就が台頭してきた等など、上げていったらきりがないような酷い状態が作られていた事。そしてこれらはあの尼子経久でも(例え晩年であったとしても)処理できなかった事態でもあり、そんな中で跡を継いで尼子氏最大の版図を築いた尼子晴久という人物は一概に駄目武将の烙印を押されるほど酷い人物ではなかったと考えられています。それどころか一説には尼子晴久という人物は「仁徳の武将」とも言われる優秀な人物であったとも記されているようです。

但し、祖父にも言われた通り尼子晴久という人物はやや血気に走る所があり、経久に比べると(あんなスーパー謀将祖父さんと比べるのもアレだが)やや思慮深さにはかける人物ではあったようです。

さて祖父からの負の遺産を引き継ぎながらも、尼子晴久は尼子家を守り立てる為頑張っていくのですが・・・ここ初っ端で、晴久は躓いてしまうのです。