岡崎中入り

さて小牧・長久手の戦いが始まりましたが、戦は双方共ににらみ合いの膠着状態です。この戦がどう動いたのかを今回は追っていきましょう。

さて膠着状態は、「中入り」とも呼ばれる秀吉方の動きで戦に動きを見せます。

 

膠着状態の中、秀吉に進言してきたのは池田恒興でした。恒興の進言は家康の本拠地である三河岡崎への中入りでした。中入りとはすきを突いて相手の城に侵入、もしくは攻撃をかける事です。この案を秀吉は採用、甥の羽柴秀次を総大将に池田恒興、森長可ら2万の軍勢を密かに出発させました。この時の編成はこの様になっています。

第一陣・池田恒興・池田元助・池田輝政・6000

第二陣・森長可・遠藤慶隆・関成政・3000

第三陣・堀秀政・堀直政・多賀秀種・3000

第四陣・羽柴秀次・田中吉政・長谷川秀一8000

総大将は羽柴秀次、お目付が堀秀政です。この前の羽黒の戦いで森長可は失態を犯していますし、池田恒興はその舅に当たりますのでこの戦はもしかしたらその失態を婿舅で取り返そうというものであったのかもしれません。ともあれ大軍を率いて一行は家康の本拠地である岡崎城へ向かいます。

が、既にこの動きは家康側に知られていたのです。家康もまた悟られぬように密かに兵を岡崎へと向かわせます。