岩崎城の戦い

 

さて、お互いに動きを悟られぬように息をひそめながらの戦が始まります。

徳川家康は羽柴秀次勢が篠木・上条城周辺に2泊ほど宿営していた頃に、近隣の農民や有名な忍び集団・ご存知伊賀衆らから情報を得て、秀次らの動きを察知。翌日に小幡城へと入ります。その夜には素早く陣立てを取り決め、夜が明ける間もなく榊原康政ら諸将に秀次陣へ追撃を行わせます。これに合わせて家康、信雄も出陣!士気を上げる事も忘れていません。

この日、池田恒興勢が丹羽氏重らが守護していた岩崎城へ攻撃を開始します。氏重らは懸命に闘うも、落城して玉砕してしまいました。これが岩崎城の戦いです。この氏重の兄である丹羽氏次は、榊原康政らと共に秀次らの追撃を行う軍に同行していました。

しかしこの岩崎城攻め、実は池田恒興が敵の挑発に乗ってやってしまったものという通説になっています。氏重勢は池田勢に挑発として銃撃をしかけたのですが、これに恒興大激怒。なんと奇襲中だという事を完全に忘れて、岩崎城攻略を行ったとされています。

そして羽柴軍は休息して進軍を待ちますが、その背後に徳川軍が迫っている事を知らないのでありました。

いやはや、しかし大事な戦の最中に別の城を落そうというのはある意味死亡フラグだと、この頃から分かってたんですねぇ。

さて、背後に迫る徳川陣。彼らはどうなるのでしょうか。