戦の終わりと講和

長く続いた小牧・長久手の戦い。戦況は織田信雄、徳川家康の方に有利でした。ですが予想外の事態が織田方に起こります。

伊勢の方で誅殺された重臣の一族らが造反を起こしたのです。この件に関しましては、以前の記事を見て下さいね。ともあれ起こった造反に秀吉も計略を重ねます。この造反の勢いに乗り、九鬼嘉隆、秋山直国らも謀反。信雄方は始終劣勢を強いられました。そこに羽柴秀長ら別働隊が軍を率いて信雄の領地である伊勢・伊賀に侵攻して領地を占拠。その上伊勢湾に水軍を展開。ここまでされると何ともふるぼっこ状態と言わざるを得ません。そして秀吉は信雄に講和を申し入れ、精神的に弱ってしまっていたのかこの講和を受け入れてしまいます。

その条件は秀吉側へ伊賀国と伊勢の半分を譲る事。最初こそ有利であったのに、まさかこんな条件を飲む事になるとは誰が予測した事でしょうか。とにかく信雄はこの条件を飲んで講和してしまいます。

その後、信雄が戦を止めた為に家康は大義名分を失い、此方もまた秀吉と講和する事になります。巻き込まれる形で戦を始めて、頑張って有利に進めていたのにこの仕打ちはあんまりと言わざるを得ません。こうして小牧・長久手の戦は終結します。