新宮党

尼子久幸という大きな犠牲を払いながらも撤退しきった尼子兵。しかしそれを追う大内軍でしたが、彼らは武力に優れた新宮党によって散々に蹴散らされてしまいます。

さてこの新宮党とは?

新宮党とは尼子経久の次男・尼子国久により結成された尼子一族でも優れた武闘派の集団です。尼子家の居城でもある月山富田城の北にある新宮谷に居を構えていた事から、新宮党と呼ばれていました。彼らは尼子家を武力の面から支え、勢力を拡大する事に力を尽くしました。

特に大内氏の攻撃から尼子家を守って奮戦した戦、第一次月山富田城の戦いでの戦いでは凄まじく、この時大内側に寝返っていた国人衆らも再び尼子側に与した事もあって大内家に大勝しています。この件で大内義隆は戦嫌いになっていき、大内氏が滅びていくきっかけともなりました。事実、大内義隆はこの後配下の陶晴房に敗れてしまいます。

この勝利で尼子晴久は盛り返していき、石見銀山の奪回や守護代達を味方につけるなどして尼子家の力を盤石化していきます。尚、晴久の正室は国久の娘だった事もあり尼子家は晴久と国久の二党体制で成り立っていたようです。

しかしその二党体制は尼子経久の死後、お互いに微妙な立場になっていってしまうのです・・・。