毛利元就とその弟

毛利元就には腹違いの弟である相合元綱という弟がいました。元綱は武勇に秀ていて、今義経と呼ばれた人物です。中国地方は源平の時代の人物にたとえられる武将が多くいます。元就とはいくつかの戦場に共にたち敵を討ち果たしており、妾腹腹でも兄・元就との関係も非常に良好でした。

その兄弟の関係が崩れたのは二人の甥であり、毛利家当主であった毛利幸松丸の死が引き金でした。これにより元就が毛利家の跡継ぎになる事になりましたが、元就の優秀さを危惧した尼子家がこれに介入。元綱に当主となるように画策を始めます。元綱はこの計画に乗せられて元就の暗殺計画を企てようとしますが、元就に気付かれ居城を攻められてしまいます。この状況も、周囲に乗せられて行動してしまった義経と同じなのは皮肉なものですね。

決死の抵抗するも多勢に無勢、元綱は壮絶な最期を迎えます。こうして毛利家の当主となった元就ですがその心の奥には尼子家への不信感は募り、この後は大内はとなって行動するようになります。また、この件は元就の心に相当なダメージとトラウマを植え付けたのか、元就が子供達に三子教訓状を残した理由の一つとも言われています。

一番信頼できるが時として一番の敵にもなる、戦国時代の家族の状態を考えさせられる話ですね。