謀聖の放浪生活

国を追われる事になった経久は弟である尼子久幸を安芸守護の武田元繁に預けて放浪の旅に出たとされています。そして戦で名を上げて再び出雲の地に返り咲くのですが・・・。

この放浪生活の出典は軍記物にしかなく、様々な辻褄の合わない記述が多い事、嫡男が元主君である京極政経の政の字を拝領して正久と名乗っている事、数年もたたない内に出雲の国人を攻撃して降伏させるなどをしている事から放浪生活は実際には無かったのではないか、と言われています。事実は小説ほどドラマチックでないのは残念な所ですね。(しかし放浪生活の際の逸話も多少なりと残っています)

しかしこの降伏させた国人、元々経久を追放した際にメインとなって動いていた三沢氏であり、この三沢氏との対立にも謀聖という呼び名に相応しい謀略を駆使しており、三沢氏以外の国人衆らも傘下に治めて出雲の国の事実上の支配者にのし上がり、元主君京極政経とも関係を修復して政経没後は正式に出雲守護代に命じられ、京極氏より独立を果たします。

この経久は若いころより才に溢れており、応仁の乱(独立後との説もあり)の戦いを鬼吉川こと吉川経基に見込まれてその娘を正室に迎えました。その間には優秀な子供達が幾人も恵まれています。が、この子供達がお家破滅フラグになる