賤ヶ岳の戦い・発端

さて、陰謀渦巻いた清州会議から秀吉は信長の後継者としての地位を固めつつあります。今回は秀吉と織田家の重鎮・柴田勝家の戦いをばご紹介。因みに清州会議の頃、秀吉が仲人となり勝家と信長の妹、お市の方が結婚したのは有名なお話。

その柴田勝家と秀吉の戦いと言えば、賤ヶ岳の戦い。その賤ヶ岳の戦いへと繋がっていく騒動が起こります。

清洲会議の後、勝家は、織田家の中で台頭して発言力の大きくなっていく秀吉を討つため、滝川一益・織田信孝・佐久間盛政らに檄を飛ばして反羽柴秀吉体勢を敷きます。ここで動いたのが織田信孝。清州会議でも名前の出てきた、信長の三男ですね。信長の後継者に決まった三法師は安土城へ入る予定になっていましたが、叔父に当たる信孝が三法師を預かったまま、岐阜城から出さなかったのが今回の発端です。

これを見るに、もしかしたら賤ヶ岳の戦いの発端は秀吉でも勝家でもなく、信孝だったのかもしれませんね。秀吉の仲人の話がありましたが、勝家と市を結婚させたのは信孝という説もあります。信孝としては秀吉が織田家を仕切っていくのが面白くなく、対抗勢力として勝家を担ぎあげた形になったのでしょう。柴田勝家の性格からして自分が織田家を取り仕切ろうという野心はなさそうですし、そう考える方が自然かもしれません。

そう考えると、この戦いの一番の犠牲者は勝家自身だったかもしれないと、何とも皮肉な話になってしまします。では、この争いはどうなっていくのか。それは次回お話しましょう。