鏡山城の戦い

さて中国地方の有力大名であった大内家と、躍進を続け領土を広げていく尼子家は対立する事になります。この二つの家がぶつかり合った戦いが鏡山城の戦いです。この戦いには、かの毛利元就も参戦していました。後に謀聖と呼ばれる尼子経久と、謀神と呼ばれた毛利元就のファーストインプレッションの場です。

この頃の毛利家の当主は元就の甥の毛利幸松丸でした。が、幸松丸はこの当時僅か九歳。その為元就が後見人となり、この戦にも参戦して城攻めを行っていました。しかし迎え討つ大内の兵もさる者、お互いにしのぎを削りあい、戦いは膠着状態に陥ります。ここで元就は策を巡らします。

敵の蔵田直信に家督の相続を約束して寝返らせ、尼子の兵を城内に手引きさせたのです。これにより城方は大混乱に陥り、城将であり直信の甥であった蔵田房信は防戦を続けるも奮戦虚しく落城。妻子と城兵の助命懇願をして自害しました。

ただ、ここで一波乱が起きます。

経久はこの房信の助命困難は承認するも、甥を裏切った直信を激しく非難して処刑を命じます。そして無断で調略した元就も許さず、この戦での功労を無視して毛利氏への報奨も与えませんでした。これは経久が元就を危険視していたからと言われていますが、この事で元就は尼子家への不満と不信感を抱く事になってしまいます。