鬼武蔵の馬

さて何度も名前を出し過ぎるあまり官兵衛の逸話が影薄くなりそうなほど影の濃い鬼武蔵こと森長可。彼には戦国武将なら必ずいても不思議はない愛馬と言うものが存在しました。その馬の名前は「百段」。いくつもの名馬が出てくる戦国の世において主と同じく強烈な印象を放つ馬です。因みにこの名前は石段を百段も一気に駆け上がる事からついた名前です。

さて小牧長久手で長可は徳川軍に眉間を狙撃され討死。この時も当然ながら長可は百段に跨って戦場に出ていました。眉間を撃ち抜かれて倒れた鬼武蔵の首を取らんと兵士達が殺到します。だがこの時その首を守らんと戦ったのは他の誰でもない百段その人、いや、その馬自身でした。彼は身体に二カ所もの槍傷を追いながらも、長可の部下達がその遺体を回収するまで守り抜き、それを見届けると堂々とした立ち振る舞いで羽柴軍の陣内へと帰還したと言われています。

これだけで凄まじい活躍の百段ですが、この百段はもう一度記録にその名を残しています。

それはこの戦いの三十年後の大阪の陣。長可の弟である忠政を乗せて戦場をかけ回り、主と共に首206を上げる大活躍を見せつけた、と残っています。その後、百段は老衰で亡くなったが、忠政は祠を築いてその死を丁重に弔ったとされています。

おそらく同じ名前の別の馬では、とも思いますがあの鬼武蔵の馬ならやりかねない、とも思ってしまう逸話ですね。